格安SIMに乗り換える場合の必須知識

###Site Name###

電話番号を特定するためにそれぞれに一意のID番号を記録しているICカードがSIMカードです。
これがないと携帯電話やスマートフォンは会話することができません。


要するに携帯電話やスマートフォンが通信するために絶対に必要になるものです。
最初に装着するタイミングは、基本的にはキャリアショップなどで購入した時です。

大体はショップスタッフさんが装着してくれるのであまり気にしなくてもよいでしょう。しかし、格安SIMなどに乗り換えようと考えようとしている人はある程度SIMについての理解もしていなくてはいけません。

まずサイズについて見ていきましょう。

SIMカードのサイズには標準サイズ、microサイズ、nanoサイズがあります。

標準サイズは横15mm×縦25mmのサイズで、標準的なサイズです。



近年ではあまり使われなくなったタイプです。
microサイズは横12mm×縦15mmのサイズとなります。
microサイズは近年では主流となっておりAndroid系の機種に多く採用されているサイズです。

nanoサイズは横8.8mm×縦12.3mmで、最も小さなSIMカードとなります。
nanoサイズは主にiPhoneなどの製品に積極的に採用されているサイズです。


これらがSIMカードの基本サイズとなります。

スマートフォンを利用する方なら格安SIM、格安スマホ、MVNOと呼ばれる言葉を聞いたことがあるでしょう。

格安スマホというのは格安SIMとスマートフォンが一緒に届くものを指し、格安SIMはSIMカードが単品で届くというものです。

片方だけ契約するのか両方とも契約するのかそれだけの違いしかありません。
MVNOは普通に説明すると難しいのでおおざっぱに説明すると、大手キャリアから一部の通信回線を借りている企業です。
大手企業ならBIGBLOBE、楽天あたりがMVNOの大手だといわれています。

MVNOは格安SIMを販売している企業と言ったほうがわかりやすいかもしれません。

次は契約時に関する使用量の説明をしていきます。

使用量は一般的には1GBから3GBのプランが推奨されています。
1GBから3GBプランで契約する場合、1ヶ月の使用量で分析すると、メールやSNSが多く、動画はあまり見ない人向けです。



3から5GBではSNSや動画を多少見る人向けプランです。

5GBから10GBは特に動画中心で見る人に適しています。


10GB以上で契約する人の場合は何も気にしたくない人向けです。


このように使用量は向き不向きがあるので慎重に選ばないといけません。

安さを気にする人なら格安スマホでしょうが、通信料の値段を気にしない人ならキャリアショップで十分でしょう。



キャリアショップのデメリットは、通信料金が割高です。


しかしメリットがでかくショップサービスは申し分なく困ったことがあれば相談し放題です。格安スマホのメリットは通信料金は安上がりです。デメリットはトラブルが起こった際、自分で解決しなければいけないのがデメリットです。