格安SIMを契約する前に覚えておきたい事

###Site Name###

格安SIMを提供している会社のことを「MVNO」と言います。

MVNOは独自の通信回線を持っていないことから、回線を設備する費用を節約することが出来るために、利用者に対して安くサービスを提供することが出来るとして人気があります。格安SIMを提供する会社を選ぶ時には、いくつかのポイントがあります。



まず、契約内容の選び方です。

SIM契約はデータ通信のみと音声通話も行うことが出来るタイプの2つに分けることが出来ます。

データ通信のみの契約でも電話番号を取得することは出来ますが、通話をすることが出来ないため注意が必要です。データ通信のみの契約でも、インターネットを利用することが出来ますので、無料通話アプリを利用することにより、同じアプリを使用している人同士であれば無料で通話をすることが出来ます。また、音声通話を行うことが出来る契約は一定の条件を満たせば無料で通話をすることが出来る契約やかけ放題プランなどが用意されています。
格安SIMの契約をするメリットとしては、大手携帯会社と契約をする場合と比べると、費用を安く抑えることが出来るということがあります。

どの程度安くなるのかは、契約内容によって異なりますが、同じような契約であれば約3分の1程になる場合もあります。

契約する会社を変えても、同じ電話番号を使いたいという場合も、格安SIMもMNPに対応していますので、これまで使っていた電話番号をそのまま使うことが出来ます。

ただし、電話番号をそのまま使うという場合には、利用者自身が事前に手続きをする必要があります。
一方のデメリットとしては、サポート体制が充実していない事が多いということがあります。


大手携帯会社の場合、各地に実店舗がありますが、格安SIMを提供している会社の場合は、実店舗が無いところが多く、相談をしたいという場合には電話やメールで問い合わせをしなければなりません。

大手携帯会社から格安SIMを提供している通信会社に取り替える場合、契約するタイミングによっては、解約手数料がかかる時があります。

その為、解約をするタイミングを慎重に行うようにしましょう。



電話番号を引き継ぐという場合には、別途手数料が必要となります。


乗り換える時には一時的に費用がかかりますが、長く使うようであれば、比較的短期間で元を取ることが出来ることでしょう。



設定をする自信がないという場合には、実店舗のあるところを選ぶようにしましょう。
最近はアプリを利用して連絡を取り合うという人が多いようですが、大手携帯会社から提供されているメールアドレスを利用しているという人も少なくはありません。


格安SIMと契約した場合には、大手携帯会社から提供されているメールアドレスは使うことが出来なくなります。


その為、別途無料メールアドレスを取得する必要があります。

メールの送信相手によっては、メールのやり取りを出来なくなってしまう可能性があるようです。