格安SIMの仕組みについて

###Site Name###

格安SIMは大手のキャリアとほとんど変わるところがないにもかかわらず、非常に安い料金でサービスを提供しています。
ユーザーが初期設定などを自分で行う必要はありますが、あまり難しいものではありません。

そのため月々の料金を抑えられる格安SIMに多くの人達が注目しています。


この格安SIMの仕組みを理解しておくことが納得できる契約に繋がります。

SIMというのはモバイル端末に入れるためのICカードのことで、電話番号や契約内容を識別しています。
このICカードを入れていない状態の端末は白ロムと呼ばれています。白ロムの状態であってもWi-Fiがあればデータ通信は可能です。

格安SIMを提供している会社はMVNOと呼ばれていて、大手キャリアはMNOと呼ばれています。

MVNOはMNOの回線を借りてサービスを提供しています。

MVNOの提供している通信回線はMNOのものなので、当然ながら品質が高くて通信エリアも申し分ありません。



またこれまでは契約したキャリアの端末でしか使えないSIMロックという制限がかけられていましたが、現在では解除できるようにすることが義務化されています。
この仕組みが格安SIMを利用するときに大事になります。

以前のキャリアで使っていた端末と、これから使う予定のMVNOが違う場合にはSIMロックを解除します。


ところが最初から解除された状態で販売されている端末もあります。

これはSIMフリーと呼ばれているものです。MVNOが販売している端末のほとんどがこれに該当します。

MVNOの公式サイトでは「動作確認済み端末」が必ず表示されています。ここに表示されている端末であれば安心して使用できます。

MVNOの基本的な使い方としては、まず利用したい端末を用意します。

次に自分に合った料金プランを見つけます。


そして自分の端末で選んだプランが使えることを確認しましょう。

もしも端末とSIMカードをセットで購入した場合は確認作業は必要ありません。
最後に届いたSIMカードを端末に差し込んで初期設定を行います。

MVNOで販売している端末の多くは海外製品です。

低価格を実現するためになるべく余計な機能を省いているのが特徴です。
日本製にはハイスペックな端末が数多くありますが、月々の料金を安く抑えるためにMVNOに乗り換えたのですから、端末料金が高くなっては意味がありません。重要なことは自分が欲しい性能と必要な用途のバランスを考慮することです。MVNOはMNOから回線を借りているので設備の維持費や経費がかかりません。
また基本的には店舗運営を行っていませんので、人件費や店舗運営費も大幅に削減できます。

それらの削減された費用の分だけ通信料金に還元されています。



MNOでは電話料金に基本料金が組み込まれていますが、MVNOの電話料金には基本料金が含まれていないことが多くあります。



MVNOでは電話はかけた分だけ支払う仕組みになっているからです。