格安SIMのメリット

###Site Name###

大手キャリアでは端末購入も契約もショップで行うのが一般的ですが、格安SIMと呼ばれているサービスを利用すれば、それぞれ別々の購入となります。

そのメリットは今まで使っていた古い端末や人に貰った端末、中古品や海外製品であっても再利用できることです。

同じ容量のプランでも数千円もの差が出ることもあり、端末も安く入手できるので人気があります。

あまり容量を使わない人には小さいデータ容量からプランを選べますので、プランを選択肢は大手キャリアよりも遥かに豊富です。


通信速度に関しても品質が著しく劣るということはありません。

その理由は格安SIMであっても通信回線は大手キャリアのものを使っているからです。

格安SIMを扱っている会社のことをMVNOを呼びます。

MVNOは回線が混みあう時間帯や契約数の増加によって通信速度が遅くなると、回線の増強を行ってバランスを保っています。

大手キャリアの契約には2年間の契約と自動更新などの条件があります。


しかし格安SIMの場合はそのような縛りはありません。

その代わりに最低利用期間というものが設定されており、その期間を終えればいつでも契約解除料金が発生せずに解約できます。



大手キャリアには店舗があるため、分からないことがあってもすぐに尋ねることができます。

逆にほとんどのMVNOは店舗が存在していません。


しかし店舗が無いことで人件費やコストを料金に還元しているので、店舗が無いということが即座にデメリットにはなりません。
音声通話SIMの場合なら緊急電話も利用できますし、MVNOによっては緊急地震速報なども届きます。
留守番電話機能も提供されていますが、その機能が無いMVNOについては留守番電話アプリを入れておけば良いでしょう。

ほとんどの格安SIMは国際ローミングにも対応していますので、海外でも通話やSMSを利用できます。格安SIMが低料金を実現している理由は、最先端技術に偏らずに快適性や利便性を追及しているからです。

単に低料金だから性能が悪いというわけではありません。

通話やメールだけしか使っていない人などには十分なサービスです。

低料金の端末の中には海外で作られたものも少なくありません。確かに日本製の端末は高性能ですが、色々な機能があり過ぎて使いこなせないという意見もあります。


普段使わない機能に対して過剰な料金を支払うことに抵抗がある人には、低料金の端末と格安SIMのセットは向いています。大手キャリアと格安SIMでは契約の仕組みも異なっています。



大手キャリアの場合は利用料金と端末代金を一括払いか分割払いで支払います。

格安SIMの場合はそれぞれが異なる扱いとなるので、とても柔軟性のある契約が可能となります。



例えば通話用として古い携帯電話を使い、データ通信用に格安SIMで契約したりもできますし、データ通信だけのプランを契約したりもできます。MVNOはとても数が多いので、まずは有名なMVNOから試してみるのが良いでしょう。