Googlemapをサイト内に埋め込む方法とは

subpage01

Googlemapはインターネット上で世界中の地図を閲覧することができる便利な機能で、多くの人はPCやモバイル機器で使用した経験があります。

Googleのサイトにアクセスして地図を表示する以外にも、コードを埋め込むことで自分のサイト内で特定のエリアの地図を表示させることも可能です。
サイト内で特定の場所などを表示する場合、目的地と周辺の地図だけを表示させるだけであればソースコードを埋め込む方法があります。


ソースコードの取得方法ですが、Googlemapにアクセスして目的地を表示させます。

次に画面左側のメニューボタンをクリックして「地図を共有または埋め込む」を選択すると、埋め込み用のURLが画面中央に表示されます。

Googlemapについて学ぶならこのサイトは外せないでしょう。

埋め込み用のURLを、サイト内のページのiframeタグに指定すれば地図が表示される仕組みです。

共有用のタグを使用する方法であれば、地図の埋め込みをする場合は、無料で利用できます。



使用料が無料なので、個人のブログやアフィリエイトサイトなどに活用すると便利です。
ストリートビューや道順を表示させたり、独自に画像やポイントを挿入するなどの加工をして地図を表示させる場合には有料サービスを利用します。



高度な設定をしてGooglemapをサイト内のページに埋め込みたい場合には、GoogleMapsPlatformに登録をする必要があります。


地図を表示させる場合は月間100、000リクエストまでは無料で、これを超えるとロード回数に応じて課金される仕組みです。