日常生活で使いたいGooglemapの便利な機能

subpage01

目的地への移動手段や、グルメやショップ情報などの確認に、Googlemapを利用する方は多いでしょう。

地図や情報を見るだけでなく、さらに便利で手軽な機能があるのです。

初めてでもわかりやすい、Googlemap情報のお得な利用法をお教えします。

ビジネスシーンや旅先で、一度、訪問した場所や移動ルートを忘れて悔しい思いをしたことはないでしょうか。

Googlemapのタイムライン機能は、過去に訪れた場所やルート、時刻までを自動で記録します。
使い方は簡単、スマホのGooglemapアプリの設定の「個人的なコンテンツ」にある「ロケーション履歴」をオンに設定するだけです。メニューからタイムラインをタップすると、記録されているタイムラインが開くのです。

日付を指定すれば確認したい日の移動ルートが地図上に表示されるだけでなく、移動時間まで細かくその日の行動が振り返れるのです。



待ち合わせに便利なのが、pluscodeです。


待ち合わせをするときに困るのは、住所では指定できない場所でしょう。



たとえば、公園内のベンチや駅前の看板の下などは番地では指定できせん。
pluscodeは住所や番地を細かく指定しなくても、地図上の任意の場所を固有コードを示すことでピンポイントで指定できます。
pluscodeの使い方は、まずGooglemapの地図を開き、待ち合わせ場所をタップしてピンを追加します。

画面下に表示されるスポット情報のコードをタップするとクリップボードにコピーされるので、待ち合わせ相手のメールにコードを貼り付けて送ります。コードをGooglemapの検索ボックスに入力して検索すれば、地図上に待ち合わせ場所のピンが表示されるのです。

待ち合わせで失敗することが多い方も、この機能を使えば待ち合わせ相手とすれ違うこともないでしょう。