格安SIMサービスに移行する方法

###Site Name###

スマートフォンの登場により携帯電話の月額料金は大幅に上がりました。

これまで3000円から5000円が基本でしたが、現在は8000円から9000円が基本です。
携帯電話1台の通信量が飛躍的に向上した結果、プランの変更が必要になり、より料金がかかるようになりました。

一般家庭にこの月額料金は相当な負担であるため、節約したいと考える人は非常に多いです。
雑誌やホームページなどから情報を集める人がたくさんいますが、そんな人達におすすめなのが格安SIMサービスです。



MVNOと呼ばれる大手キャリアの回線を間借りする仕組みで、月額料金を大幅に節約できる特徴があります。
この格安SIMサービスに契約を乗り換えるためには、いくつか手順があります。

まず、格安SIMサービスのプランを決めることです。


このサービスには大きく分けて2つのプランが存在し、それはデータ通信専用のプランとデータ通信に電話サービスがプラスされたプランです。
データ通信専用のプランは文字通り一定の容量まで高速通信が可能なプランで、3GBや5GBなど高速通信が可能な容量が決まっています。
容量が少ないほうが月額料金が安く、最も安いプランの場合900円程度になります。ただデータ通信専用のプランなので電話をすることが出来ません。

そこを不便に感じるのであれば、データ通信に電話サービスがプラスされたプランを選ぶと良いです。

電話サービスがプラスされたことで使い勝手は大手キャリアと契約するのと大差ありません。

こちらも高速通信が可能な容量が決まっているので注意が必要です。


さらに通話料も発生してきますので、頻繁に電話をする人にはあまりおすすめできないプランで、そういった人であればキャリアが提供するプランを選ぶと良いです。



プランの選択が出来たら、次に格安SIMサービスの新規申し込みになります。

申し込みは店頭もしくはウェブページから行うことが可能で、店頭であれば即日でSIMカードを入手できます。

ウェブページからの申込みの場合は1週間ほど時間がかかりますが、自宅にカードが到着します。到着したカードを端末に挿入した後、必ず設定が必要になります。
設定画面よりもネットワーク回線の設定を選択してIDやパスワードを入力していきますが、その方法はマニュアルに記載されているので安心です。
マニュアル通りに進めていけば問題なく通信を始めることが出来ます。



なお、比較的に新しい端末の場合、予め設定が残されておりSIMカードを挿入するだけで自動的に通信が可能になる場合があります。

詳しくは端末のマニュアルやホームページを参照すると良いです。

ここまで済んだら、後はこれまで契約をしていた大手キャリアに乗り換えを告げるだけです。

電話もしくは店頭にてその手続を行えますので、スピーディーに済ませておきましょう。


これで乗り換えの手順は完了となり完全に格安SIMサービスへの移行が完了したことになります。

月額料金に悩まされない新しい契約期間の始まりです。